トップページ > 成長障害って何? > はじめての診察 > はじめての診察と検査

成長障害って何? | はじめての診察と検査

初めて診察を受ける際は、不安や緊張を感じることがあるかもしれません。こうした時にこそ思い込みや聞き伝え、自分で調べた情報は頭の中から一回リセットして、正確な情報を医師に伝えることが大切です。抱えている不安や疑問は素直に医師に相談してみましょう。

スクリーニング検査

身長のことで相談に来たお子さんには、まず問診などでスクリーニング検査を行います。

今までの発育成長の記録から、正確な成長曲線を作成し、発育の状態を確認します
左手のレントゲン写真をとって、骨の健康状態、骨年齢を見ます

骨と骨の隙間(骨端線)の状態から骨の年齢が分かり、この後伸びる可能性があるのかどうかも知ることができます。

※骨年齢 骨の成熟度から判定する年齢。健康な子は骨年齢と実際の年齢とが一致していますが、成長ホルモンや甲状腺ホルモンが不足していると骨年齢が遅れることがあります。

尿検査や血液検査を行います

成長ホルモンが十分に分泌されている場合には、尿や血液中にも出てきます。その量を調べることで、成長ホルモンがきちんと分泌されているかどうかが分かるのです。また、糖尿病や腎臓疾患、甲状腺の病気などの有無も分かります。

左手のレントゲン写真をとって、骨の健康状態、骨年齢を見ます

これらの検査から、成長ホルモンの分泌不足が疑われたら、さらに詳しい検査を行うことになります。

診断のために詳しい検査

成長ホルモン分泌刺激試験

成長ホルモンの分泌を促す薬を注射して、一定時間ごとに採血、血液中の成長ホルモンの量を調べる検査です。検査の種類によっては短期間の入院で行う場合もあります。

成長障害は脳下垂体の病気や染色体の問題など、さまざまな疾患によっても起こります。成長ホルモンを分泌する脳下垂体に腫瘍や異常がないかを確認するために、CT検査やMRI検査、また、染色体の検査などを行って、成長障害を起こしている原因を探っていきます。

成長ホルモン分泌刺激試験