トップページ > 成長障害って何? > 成長障害って何? > 成長スピードについて

成長障害って何? | 成長スピードについて

男の子の成長スピード

思春期を迎えると成長のスピードが加速します。

男の子の成長スピード

乳幼児期 0〜4歳

  • 4歳までの成長は、平均50cm伸びます。男女の差はあまりない。
  • 4歳ちょうどで100cmになるのが標準的成長パターン。

小児期 4歳〜11歳

  • 1年間の平均成長は、5〜7cm。140〜150cmになる。
  • 思春期前の11歳前後に一度緩やかになり、半年前と比べてあまり伸びないのが特徴。個々の身長にばらつきが目立ち始めるのもこの時期。

思春期 11歳〜

  • 思春期を迎えると、急激に背が伸びます。性ホルモンの影響により、陰毛が生え、精通があるのが男の子の特徴。
  • 思春期が訪れるスピードには個人差があり、15歳くらいになってから始まる子もいる。
  • 思春期の成長は、25〜35cm、最終的に平均171cm〜175cmになる。

女の子の成長スピード

男の子よりも早く思春期を迎えます

女の子の成長スピード

乳幼児期 0〜4歳

  • 4歳までの成長は、平均50cm伸びます。男女の差はあまりない。
  • 4歳ちょうどで100cmになるのが標準的成長パターン。

小児期 4歳〜9歳

  • 1年間の平均成長は、5〜7cm。平均では140cmになる。
  • 思春期前の9歳前後に一度伸びが緩やかになり、半年前と比べてあまり伸びないのが特徴。
    個々の身長にばらつきが目立ち始めるのもこの時期。

思春期 9歳〜

  • 男の子より、約1~2年早く思春期を迎える。性ホルモンの影響により、体つきが丸みを帯び、乳房が発達します。陰毛が生え、初潮を迎えるのが女の子の特徴。
  • 思春期が訪れるスピードには個人差があり、13歳くらいになってから始まる子もいる。
  • 思春期の成長は、約20~27cm、最終的に平均155cm〜160cmになる。