トップページ > 医療従事者の方へ

医療従事者の方へ

おすすめコンテンツ

第四回 継続できる成長ホルモン治療:コンプライアンスからアドヒアランスへ

岡山済生会総合病院小児科 診療部長 田中 弘之 先生

小児内分泌学、骨代謝学を主要な専門研究分野として多くの学会でご活躍の一方で、小児の成長ホルモン治療で豊富なご経験をお持ちの田中弘之先生に、患者さんご家族が積極的に治療に参加するためのポイントについてお話いただきました。

第四回 継続できる成長ホルモン治療:コンプライアンスからアドヒアランスへ
第三回 子どもの成長と成長ホルモン治療コンプライアンス遵守

熊本大学医学部 発達小児科 助教 間部 裕代 先生

熊本大学大学院生命科学研究部の小児発達分野で、小児の成長発達に関する多領域の研究をすすめる一方で、日々、成長ホルモン分泌不全性低身長の治療に携わってこられた間部裕代先生に、子どもの成長にともなう治療コンプライアンス上の課題についてお話いただきました。

第三回 子どもの成長と成長ホルモン治療コンプライアンス遵守
第二回 専門医に聞く「成長ホルモン治療のコンプライアンスの現状とその課題」

大阪府立母子保健医療センター 消化器・内分泌科 主任部長 位田忍先生

日々小児の成長ホルモン分泌不全性低身長(GHD)の治療に携わっている、小児内分泌の専門医・位田忍先生に、この治療の効果と課題などについてうかがいました。

第二回 専門医に聞く「成長ホルモン治療のコンプライアンスの現状とその課題」
第83回日本内分泌学会学術総会 共催セミナー10

現在、成長ホルモン療法に関する大規模臨床試験:PREDICTが世界15カ国42施設の協力のもとに行われています。この臨床試験は、成長ホルモン療法における成長反応を予測するバイオマーカーおよび調節遺伝子を明らかにし、今後の治療計画に役立てることを目的にしており、今回のセミナーでは試験開始後1年までの解析結果が、研究責任者であるフランス Claude Bernard大学のPierre Chatelain教授により報告されました。

第83回日本内分泌学会学術総会
イージーポッドTMサイゼン®8mg皮下注専用注入器
発売記念シンポジウム

イージーポッドの発売を記念して、2009年9月19日に六本木アカデミーヒルズで盛大に行われたシンポジウムでの講演を配信。
すでに臨床の現場でイージーポッドをお使いの海外講師2名をお招きして、イージーポッドの展望を講演して頂きました。また、大阪大学小児科学教授の大薗恵一先生にはコメディカル向けに成長ホルモン治療をわかりやすくご講演頂きました。

Easypod Launch Symposium
第一回 専門医に聞く「成長ホルモン補充療法における留意点」

広島赤十字・原爆病院小児科部長 副院長 西 美和 先生

成長ホルモン補充療法の開始時期については様々な議論が行われています。
今回は、治療の開始時期について、広島赤十字・原爆病院小児科部長として日々治療に携わっている西美和先生に教えていただきます。

第一回 専門医に聞く 「成長ホルモン補充療法における留意点」